[情報源]

電離層の仰角と入射角、最大利用周波数(MUF)、最適運用周波数(FOT)を概算する。



周辺の地形や建物などの状況により、目標の電離層の方向(仰角/方位)に障害物がないかどうかを判定するため、その仰角を概算できるよう以下のスクリプトを書いてみた。
方位と距離(自局~相手局間)に関しては、以前作成したこの計算スクリプトを使って求めることができる。

また、この計算過程で得られた変数から電離層への入射角も算出できるので、イオノグラムなどによる電離層の見かけの高さと、臨界周波数の測定値から、セカント(secant)の法則により、最大利用周波数(MUF)と、その値の85%と仮定した最適運用周波数(FOT)を概算できる。





【使い方】

現在のイオノグラムの測定値などのデータから、電離層の見かけの高さ、臨界周波数を予想してみる。
予想した電離層の見かけの高さ(km)、および臨界周波数(MHz)、求めた相手局との距離(km)を、各フォームへ入力する。
計算ボタンを押すと計算され結果が表示される。
リセットボタンを押すとすべての入力値が初期化される。

【使用上の注意】

仰角の計算結果が"0"度以下の場合、また臨界周波数を"30"MHz以上入力した場合は、"Error"を表示


【地上(中間地点)~電離層までの見かけの高さ】

[km] 例:Es層の場合、約100(km)

【臨界周波数】

[MHz] 例:7(MHz)

【自局~相手局間の距離】

[km] 例:東京~鹿児島間の場合、約960(km)



電離層の仰角は、約[度]
電離層の入射角は、約[度]

最高利用周波数(MUF)は、約[MHz]
最適運用周波数(FOT)は、約[MHz]